アトピー性皮膚炎

◆究極の痒み対策(1)…免疫力と白血球の働き <フレンチブルと皮膚疾患>

french bulldog 愛8歳3ヶ月

「痒いのなんとかしてあげたいなぁ・・・」

「どうしたら、痒みをなくしてあげられるのかなぁ・・・」

そう、思われた事ありませんか?

私は12~3年間、毎日のように思ってきました。

発症後の1年間は、何とかしたい=ステロイド…という私の
短絡的思考の結果、メグの体はボロボロに…;;

これは、完全に私の勉強不足の結果です。

体って、一度バランスが壊れてしまうと、体質改善が困難に
なるんですね…。

これも、取り返しがつかない失敗から学んだ事でした。

(痛い目にあわないと分からないのが人間かも…私だけ?^^;)

愛は、この失敗が活きてアナフィラキシーショックを起こす
アレルギー体質を見事に改善できました!

この時、私は「正しく知る」ことの重要性を心の底から理解
できたのです。

「もし、あなたの愛犬の痒みがとれたら、もし、そんな方法が
あればいいと思いませんか?」

今の痒みがなくなる…夢のような話ですよね。

でも、私はメグの失敗⇒愛の成功で、体質改善の方法が
ある程度分かりました。

かかりつけの先生も、多分そうだろう…と、おっしゃってるので
間違いないと思っています。

この事は、また詳しくお伝え出来るときがあるかもしれません。

今日はポイントだけお伝えしようと思います。

とにかく大事なのは、「正しく知る」ことです。

特に、あなたの愛犬の健康の為には「症状の意味」「免疫力
と白血球の働き」「治るということ…」の意味
を正しく知ることが
必要です。

大事なので、順番にお伝えしていこうと思います。

今回は「免疫力と白血球の働き」をお伝えしますね。

…って、テーマが大きすぎて、ものすごく取り留めのない
話になりそうですが…。

↓早朝お散歩で…

2015/06/04 早朝(5:10)

2015/06/04 早朝(5:10)

 

↓寝てるのかな?^^;

2015/06/10 

2015/06/10 

 

↓後ろ足に力がなくなり、時々歩けなくなりますが
お散歩、楽しく頑張ってます^^

2015/06/10 メグ14歳

2015/06/10 メグ14歳

 

 

1,免疫力と白血球の働き
――――――――――――――――――――――
免疫力は、自分と自分以外のものを識別する能力のこと。

これは、みな持っています。

もちろんあなたも、あなたの愛犬もです。

生きている人は…全員ちゃんと持っています^^

だって、自分と自分以外のものを識別する能力がなかったら、
人は生きていけません。

 

・・・ですよね。

だから、免疫力が落ちるということは…死ぬということに
なります。

まず、体内に異物(いろんなウィルスや菌)が入ってきたら、
免疫がこれらを識別して、異物と認証したら、白血球の
出番!・・・と、なります。

症状が出ているのは、免疫力と白血球が正常に働いて
いる証拠
です。

白血球が異物を攻撃するときに、炎症反応物質
出ます。

この炎症反応物質が出る時に
  ↓
赤くなる
腫れる
熱が出る
痛い
痒いetc…
  ↓
などの反応が出るのです。

いわゆる『症状』と呼ばれているものですね。

この「症状」が出るときは、体がおかしいのではなく、体内に
異物が多い
ということなのです。

体内に異物があるので、免疫力がその異物を識別し、
白血球が異物をやっつけるために闘っている
のです。

↓これは、ガン発生の流れです。
腫瘍も皮膚疾患も問題は同じです。

ガンが出来る流れ(仮説)

ガンが出来る流れ(仮説)

この、体内で起こっていることを「正しく知る」と、むやみに
症状を消そうなんて思わなくなります。

だって、「症状」は体の正常化のために闘ってくれている結果
わけですから…

私は、症状が出たら「あぁ!白血球が闘ってくれてるんだ!
感謝!」と、思うのです^^

症状は不快ですけど、体のこの仕組みが理解出来れば
感謝ですよね^^

 

今日のまとめ^^
――――――――――――――――――――――
今回は、究極の痒み対策(1)…体の仕組みを正しく知る
ことが重要ということで、「免疫力と白血球の働き」を簡単に
お伝えしました。

1,体内に異物(いろんなウィルスや菌)が入ってきたら、免疫が
これらを識別して、異物と認証したら、白血球が戦闘モード
になる…。

2,この時、炎症反応物質が出る。
それが私たちにとっては不快な「症状」とよばれるもの。

 

少しでも、「免疫力と白血球の働き」を理解してくだされば
幸いです。

体の仕組みを知る事で、今出ている症状に対し、どうしたら
いいのかが少しづつでも分かるようになると思います。

でも、たとえ今は分からなくても、症状を抑えようとは思わ
なくなるはずです。

昔の私のように、折角異物をやっつけようとして闘っている
白血球を、働かせないようにしてしまうというのは、
愚の骨頂ですよね…涙

私はステロイドの継続使用で、抑えるということをしてしまい
ました。
あ、でもステロイドが100%悪いわけではりません。
賢く使うことがとても重要です。

 

■お問い合わせ、感想などは、こちらから!■

次回は「症状の意味」をお伝えする予定です♪

 

★「アレルギー:痒み」のご参考に

◆フレンチブルとアレルギー【1】~愛ちゃんとアナフィラキシーショック~

「おかーしゃん、ごはん!」アレルギーが治ったよ。

◆前代未聞!アナフィラキシーショックが治った?!
獣医も驚愕した愛の体質改善大成功!

今日も最後まで読んで下さり、
ありがとうございました。

 

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*

 

【今日の愛ちゃん】

 

↓ごはん、まだ?^^;

frenchibulldog 愛:1歳7ヶ月

2005/07/14 愛:1歳7ヶ月

 

↓ふぁわ~い!

2006/08/11 愛:2歳8ヶ月

2006/08/11 愛:2歳8ヶ月

 

↓遊び疲れ?^^;

FrenchBulldog メグ:3歳9ヶ月、愛:1歳2ヶ月

2005/02/17 メグ:3歳9ヶ月、愛:1歳2ヶ月

 

★いつもあたちに会いに来てくれて ありがとう!
 あたち、とても嬉しいワンッ!ヾ(^v^)k

 

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*

このサイトが
突然死やペットロスに関して、同じ痛みや
思いのある方々の参考になれば嬉しいです。

↓下の愛ちゃんをポチお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

 

 



関連記事

  1. frenchbulldog 2009/07/20 愛:5歳7ヶ月 ◆『オメガ3』はカイカイ対策にも有効!<フレンチブルと皮膚疾患【…
  2. ◆【ワンコご飯】メグ姉さんの夏バテ対策レシピ♪
  3. ◆身体の不思議・・・メグ姉さんの場合
  4. ◆フレンチブルとアレルギー【1】~愛ちゃんとアナフィラキシーショ…

愛ちゃん、ありがとう!!

<虹の橋の伝説>

【期間限定】プレゼント再開です。

ご希望者多数のため中止にしていましたが
ようやく一時的に再開です♪
こちらをクリックしていただくと登録後⇒
レポートが届きます。また、すぐ中止する
可能性がありますのでお早めにお持ち帰り下さい。
  ↓

Amazonから出版しました。

ワンコたちの健康維持のための、とても大事な 情報がぎっしり詰まってますので、ぜひご覧になり、 愛犬ちゃんの健康に役立てて下さいね^^ こちらをクリックです。 ↓ ↓ ↓ めぐママの簡単健康手作り犬ごはん: 獣医も驚愕した効果!

おすすめ記事

frenchbulldog  メグ:5歳1ヶ月、愛:2歳6ヶ月 ◆介護のポイント<犬の介護③>

介護の最重要ポイントは、・QOL・介護をしやすくするための工夫 この点につきると思ってい…

french bulldog めぐ:7歳11ヶ月、愛:5歳4ヶ月 ◆3種の神器『車イス編』:犬の介護②

愛が深ければ深いほど、愛する子を失った時の 心の痛みは大きい…最初から分かっていたこと ですけど、本…

french bulldog メグもうすぐ5歳 ◆メグのステキな最期・・・<フレンチブルの介護①>

↑もうすぐ5歳の時のメグです。若かったね!最近、ブリーフワークやヨガに取り組んでいるおか…

◆シャバーサナ…ペットロスの処方箋

ビリーフワークと共に、ヨガを始めて1ヶ月ほどになります。ヨガには強烈なストレス解消効果があると言われ…

紫のチューリップ ビリーフワーク…健全思考と不健全思考・・・ペットロスの対処法

ペットロス、真っ只中・・・な〜んにもする気なし!状態が続いている私ですが、でも少しづつでも自分が楽に…

french bulldog メグ:7歳、愛:3歳5ヶ月 心のデトックス 執着からの解放<ペットロス対策>

断捨離決行!・・・といっても、食器棚だけですが…。余りにも心が痛いし、何もやる気が起きないので、その…

我が家はサブでお願いしています。

ブログ村pvランキング

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. 374 posts.