とうもろこし(コーン)

◆食べさせてはいけない? 【5】とうもろこし(コーン)編

french bulldog めぐ:7歳11ヶ月、愛:5歳4ヶ月

最近、気温は低くても湿度が高く、涼しいけど(時には寒い・・・)
蒸し暑い名古屋・・・

皆さまの所はいかがでしょう?

今日は暑くなりそうですが、ここ数日変なお天気が
続いてますね。

こんな時は、ワンたちも体調を崩しがち・・
気を付けなければいけないですね。

さて、今回の『食べさせてはいけない?』は
とうもろこし編です。

「とうもろこしは消化もよくないのであげてはダメよ!」
あなたも、聞いた事があるのではないでしょうか?

とうもろこし(コーン)も、食べさせてはいけないって本当に
よく言われている食材の一つですね。

実際はどうなんでしょうか?

※私は、須崎動物病院の『ペットアカデミー』で犬や猫の健康・食に
ついて学んできましたが、今回は須崎院長にも登場して頂いてます^^

ネット上では、とうもろこしの何がいけないと言われているの
でしょうか?
少し拾ってみました。

~↓ここから~
1,糖質が多く含まれている・・・糖質は植物性たんぱく質や
エネルギー (炭水化物)を多く含まれているので、たくさん
摂ると肥満になるので 注意してください・・・。

2,犬や猫たちは、野生の頃からとうもろこしを食べてないので
あげてはいけません。

3,とうもろこしを食べるようになったのは、現代になってから
一部のペットフードを食べている犬と猫だけ・・・。

4,とうもろこしを分解吸収する事が苦手なので、消化をする
ために多くの胃酸を分泌します。

5,その為、胃の通過が早いフードを食べた場合に胃酸の多くが
胃に 残されたり、消化が悪いために多くの胃酸が必要になり、
胃酸過多と 同じ症状を起こします。

だから、慣れないペットたちは嘔吐を繰り返したりします。
フードを変えたら、たまに吐く様になった・・という話をよく
聞きます。

~↑ここまで~

というようなことが言われてるんですね。
さてさて、これらの話は本当なのでしょうか?

あなたも、とうもろこしは食べさせてない・・・?

Toxicity data(毒物百科事典のようなもの)によると
特になしでしたので、毒性はありません。

では、1に関してはどうでしょうか。
摂りすぎれば肥満になるのは、とうもろこしだけでは
ないですね。
特にとうもろこしがそうなるわけではなく、何を
食べてもそうなので注意するレベルではないと思います。

次の2&3・・・
昔は食べてなかったけど、今は適応できるものは
たくさんありますね。

昔食べてなかったということと、適応できないことは別問題。
中には食べられない子もいるかもしれないけど、ほとんどの子は
大丈夫です。
(毒性データもありませんし・・・)
(もちろん、我が家の子達も大丈夫です^^)

次・・・4です。
ほ乳類は食物繊維を消化できないので、それが普通ですね。

また、消化のために多くの胃酸を分泌しても、それは処理能力の範囲内。
柔らかくなれば腸に移動するので、そこまで目くじら立てる様なお話では
ありません。

次の5は・・・
Q「その為、胃の通過が早いフードを食べた場合に胃酸の多くが胃に
  残されたり・・・」
  ↓
胃はそういう仕組みにはなってなく、柔らかくなれば十二指腸に
送られるため胃酸が胃に残ると言うことはありません。

Q「消化が悪いために多くの胃酸が必要になり、胃酸過多と
 同じ症状を起こします。
慣れないペットたちは、嘔吐を繰り返したりします。」
    ↓
胃の仕組みはそうなってません。仮に多くの胃酸が必要になったとしても、
それが胃酸過多になるわけではありません。

胃酸過多が悪いのは、胃粘膜が十分でないストレス過多の場合です。

とうもろこしの問題ではありません。

さらに、
『元々犬や猫は炭水化物を必要としない動物ですからあまりよくない』
という情報も出回っていました。

これに関しては
「ウソです。
必要としない(なくても生きていける)ことと、食べてはいけない事は
全く別の話。
逆に炭水化物をいっさい摂取しない生活はできますか?
少し考えれば分かる間違いです。」
と、はっきり答えて下さった須崎先生でした^^;

で、
【結論】です^^

1、とうもろこしは食べても大丈夫です。
2,アレルギーがあれば別ですが、食材の一部としてとうもろこしが
入る程度は、全く問題なし。
3,何事も適量で。
4,農薬が気になる場合は、この限りではありません。
5,消化不良でおなかをこわす場合は、量を減らせばいいだけです。

【まとめ】
1,「何かが危険だ」という話が出たときは、冷静に解釈・調査する
  姿勢が重要。

2,国の情報といえど、調べてみる必要があることは、残念だけど
  どの国も同じ・・・
 
とうことで、今回の「食べさせてはいけない?」5回目は
『とうもろこし編』でした。
ご参考になれば幸いです。

でも、本当に本当に気を付けて欲しいのは、
農薬や化学肥料、放射性物質、畜産の餌に使われている抗生物質、
虫除けや洗剤、、そしてシャンプーなどだったりします。

******************************************************
【今日の愛ちゃん】
2人とも真剣です^^;

04-8-22 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

04-8-22 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

↓お姉ちゃんの大事な「ひづめ」で遊んでたら、
取られちゃいました。

04-8-12 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

04-8-12 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

↓おまけに叱られて固まってしまいました^^;

04-8-12 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

04-8-12 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

↓遊びたいなぁ・・・。
でもお姉ちゃんに叱られるからやめようかなぁ・・・

04-8-16 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

04-8-16 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

↓早朝お散歩♪

04-8-22 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

04-8-22 メグ:3歳3ヶ月、愛8ヶ月

★みなしゃん、今日もあたちに会いに来てくれて
  ありがとう!
 あたち、とても嬉しかったワンッ!!ヾ(^v^)k

04-8-17 愛:8ヶ月

04-8-17 愛:8ヶ月

********************************************************
このサイトが突然死やペットロスに関して、同じ痛みや
思いのある方々の参考になれば嬉しいです。

↓下の愛ちゃんをポチお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

 

 

 

関連記事

  1. 食べさせてはいけない?【2】~塩分編~
  2. FrenchBulldog 愛:4歳9ヶ月 ◆食べさせてはいけない?【8】ニンジン編
  3. ◆食べさせてはいけない?【7】とうもろこし編…再び^^;
  4. 食べさせてはいけない?【3】”米”編 

愛ちゃん、ありがとう!!

<虹の橋の伝説>

【期間限定】プレゼント再開です。

ご希望者多数のため中止にしていましたが
ようやく一時的に再開です♪
こちらをクリックしていただくと登録後⇒
レポートが届きます。また、すぐ中止する
可能性がありますのでお早めにお持ち帰り下さい。
  ↓

Amazonから出版しました。

ワンコたちの健康維持のための、とても大事な 情報がぎっしり詰まってますので、ぜひご覧になり、 愛犬ちゃんの健康に役立てて下さいね^^ こちらをクリックです。 ↓ ↓ ↓ めぐママの簡単健康手作り犬ごはん: 獣医も驚愕した効果!

おすすめ記事

frenchbulldog  メグ:5歳1ヶ月、愛:2歳6ヶ月 ◆介護のポイント<犬の介護③>

介護の最重要ポイントは、・QOL・介護をしやすくするための工夫 この点につきると思ってい…

french bulldog めぐ:7歳11ヶ月、愛:5歳4ヶ月 ◆3種の神器『車イス編』:犬の介護②

愛が深ければ深いほど、愛する子を失った時の 心の痛みは大きい…最初から分かっていたこと ですけど、本…

french bulldog メグもうすぐ5歳 ◆メグのステキな最期・・・<フレンチブルの介護①>

↑もうすぐ5歳の時のメグです。若かったね!最近、ブリーフワークやヨガに取り組んでいるおか…

◆シャバーサナ…ペットロスの処方箋

ビリーフワークと共に、ヨガを始めて1ヶ月ほどになります。ヨガには強烈なストレス解消効果があると言われ…

紫のチューリップ ビリーフワーク…健全思考と不健全思考・・・ペットロスの対処法

ペットロス、真っ只中・・・な〜んにもする気なし!状態が続いている私ですが、でも少しづつでも自分が楽に…

french bulldog メグ:7歳、愛:3歳5ヶ月 心のデトックス 執着からの解放<ペットロス対策>

断捨離決行!・・・といっても、食器棚だけですが…。余りにも心が痛いし、何もやる気が起きないので、その…

我が家はサブでお願いしています。

ブログ村pvランキング

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. 374 posts.