犬の脳腫瘍・腫瘍・ガン

犬の脳腫瘍【1】

愛は、脳腫瘍の疑いが濃厚と言われました。

様子がおかしくなり検査(血液・レントゲン)した後、
あっという間に旅だってしまいました。
脳に異常が出てることが分かったのは、この検査の
後でした。
かかりつけの先生は、検査後の入院中に 愛の
発作をみつけ「突発性前庭障害」のようだと
電話を下さいました。

「4~5日で治まるだろう」と・・・。

でも、愛は翌日の早朝…1人で静かに
旅立ちました。

誰も、誰も最悪の結果が予想できなかったのです。

何の治療も出来なかった・・・ 辛く、悔しく、
無念です。
耐えがたく悲しいです。

愛が亡くなって、しばらくして先生から
「愛ちゃんは脳腫瘍の疑いが濃い」という
連絡を頂きました。

私は、犬の脳腫瘍の知識ゼロでした。

私の頭の中には、進行がものすごく早い…と
いう事しか ありません。

いったい愛に何が起こったのか・・・
何が何だかまったく理解出来ませんでしたので
学んだことを 簡単だけどまとめてみました。

参考になれば幸いです。

 

犬の脳腫瘍

犬の脳腫瘍の割合は10,000頭に14.5頭くらい
の割合で発症するようです。

【発症年齢】

多くの場合が、中年齢~高年齢の犬です。

【脳腫瘍の症状】

発症しても、症状が出ない場合もあります。
これは本当に怖いです・・・。
(愛の場合は、これに近かったです。)

でも、てんかん様発作や首と頭が傾く斜頸が
見られたり
旋回運動や運動失調、眼球が揺れ
動く眼振、顔面マヒ
などが起こることも
多くあります。

(愛の亡くなる前日の軽い発作は、首と頭の傾斜、
軽い旋回運動、 眼振がでてましたので、この症状と
よく似ています。)

また、性格が変化したり異常な行動をとったり、
寝てばかりなど認知症に似た症状が出ることも
確認されています。
(愛も性格の変化がありました。あれだけお姉ちゃんと
遊んでたのに亡くなる1週間ほど前からお姉ちゃんを
避けるように なり、とても不思議に思っていました。)

腫瘍の良性、悪性に関わらず、脳のどこに腫瘍が
出来て いるかで症状が異なります。

 

 

脳腫瘍の種類 
最も多いのは、「髄膜腫」で、好発犬種は、
ゴールデン
レトリーバー(とても多い!)、
ジャーマン・シェパード、
コリー、ボクサーです。

そして、雄より雌のほうが多いようです。

髄膜腫の生存率は7ヶ月~1年で、長生きする
仔では3年位。

あと、「グリオーマ」も多く、 「星細胞腫」    
      ↓
「退形成性星細胞腫」  

  ↓

「膠芽腫」 の順で悪性度が高くなります。

 

原因

・「原発性脳腫瘍」と言われる脳の細胞が
  腫瘍化して出来るもの

・脳以外の部位に出来た腫瘍が脳に転移する
  こともあります。
 
 
脳以外の部位に出来た、悪性黒色腫(メラノーマ)
 
や悪性リンパ腫 (リンパ肉腫)、 血管肉腫や
乳腺がんなどが、
脳に転移する場合や 耳や鼻、
頭蓋の骨などの脳に近い部分に
出来た腫瘍が脳に
しみ込むように広がった「続発性脳腫瘍」があります。

 (
愛は鼻の中に小さな腫瘍ができてました。診て頂いてましたが
 
大きくならないようなので様子見の段階でした。
 
もしかしたら・・という思いもあります。)

 

 

治療方法

 化学療法である薬剤投与や外科手術、
放射線療法などを
組み合わせる場合が
ほとんどです。

 

また、てんかん様発作をコントロールしたり、
脳腫瘍にともなう
 炎症や浮腫(ふしゅ:痛みのない

むくみのこと)を抑えるため 抗炎症薬などによる
内科的治療を行うこともあります。

でも、化学療法は余り効き目がないという情報も
多くありました。
私は、三大療法(抗ガン剤・手術・放射線治療)は
反対の立場です。

その理由は、このブログのあちこちで書いてますので
参考に していただければと思います。

 

予防法はあるの?

一番の予防は早期発見と早期治療です。

しかし、脳腫瘍は予防がとても難しい病気と
いわれています。
うちの愛のように最後まで食欲もあり、発作も
亡くなる直前にしか出ないと、早期発見は
困難です。

少しでも普段と違う、おかしいなと思ったら
すぐ診て
頂くのが一番です。

私は、少しおかしいなと思いながらも、食欲も
あるし
少し元気がないだけだから、すぐ治る
だろうと
思い込んでました。
もっと早くちゃんと分かっていれば・・・と、
本当に
悔やんでも悔やみきれないのです。

おかしいなと思ったら、すぐ動物病院で
検査して
もらってください。 

症状が出てからでは遅い場合が多いのです。
愛の場合はとにかく進行がとても早かったです。

↓のバニラちゃんの経過を見ても、やはり
とても早い・・・。

予防方法は早期発見しかないので、悔いを
残さない
ためにも 、しっかり気を付けて
あげてください。

 

★かかりやすい犬種としては、
1,ドーベルマン
2,フレンチ・ブルドッグ
3,ボストン・テリア などがあがってました。
そして、シニアになるとガンにかかる
子が
増えてくるように思います。
特にアレルギーを持っている子に多いと
いう印象を
受けます。

でも、情報提供者によって異なったり
するので

はっきりした 傾向ではないのかも
しれませんが・・・。

**********************************************
★愛とよく似たフレンチブル、クリームの
バニラちゃんも脳腫瘍の疑いで、4月3日に
虹の橋へ旅立ちました。

10歳だったとのこと・・・。
愛が9歳4ヶ月でしたので、何からなにまでよく
似ていて 他人事とは思えないのです。
バニラちゃんのママさんも、辛さと悲しみの中
ブログを立ち上げて 下さいました。
バニラちゃんも愛も、おかしいと気づいて
あっという間に旅立ってしまいました。

突然亡くなると言うことは、心の準備ゼロ
ですので 本当に辛いです。

犬の脳腫瘍についての情報を探している方の
参考に なれば、本当に嬉しいです。

バニラちゃんも、愛もとても喜ぶ事と思います。

バニラちゃんのブログです。
【バニちゃん さんきゅっ!】
http://vanillatail.seesaa.net/

 

あなたが同じような苦しみに
あいませんように!

**********************************************
【今日の愛ちゃん】
今日も2歳1ヶ月くらいからです♪

 

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

 

自分たちで壊した籐の二段かごを時々枕にしてました^^;

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-23  愛2歳1ヶ月

06年1-23 愛:2歳1ヶ月

06年1-23 愛:2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

 

お姉ちゃん、貯水池に落とされそう・・・^^;
2~3度、落とされたこともありますよ・・・^^

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年1-22 愛2歳1ヶ月

06年4-12 愛2歳4ヶ月

06年4-12 愛2歳4ヶ月

 

★皆しゃん、今日もあたちに会いに来てくれて
ありがとう!!

あたちとても嬉しいワンッ!!

07-1-15 メグ:5歳8ヶ月 愛:3歳1ヶ月

07-1-15 メグ:5歳8ヶ月
愛:3歳1ヶ月

 

****************************************************
このサイトが、突然死やペットロスに関して、
同じ痛みや思いのある方々の参考になれば
嬉しいです。

↓下の愛ちゃんをポチお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

 

****************************************************

関連記事

  1. frenchibulldog メグ:11歳8ヶ月、愛:9歳2ヶ月 ◆プチ認知症???<メグ姉さんと脳腫瘍(犬の脳腫瘍30)>
  2. frenchbulldog 愛:1歳5ヶ月 ◆あぁ!そうか!食べないから死ぬのではなく、 「死ぬ時」が来たか…
  3. frenchbulldog  めぐ:4歳4ヶ月、愛:1歳10ヶ月 ◆メグ姉さん闘病記~漢方のお話~<犬の脳腫瘍>
  4. ◆【犬のガン・腫瘍】乗り越えるために大事なこと

愛ちゃん、ありがとう!!

<虹の橋の伝説>

【期間限定】プレゼント再開です。

ご希望者多数のため中止にしていましたが
ようやく一時的に再開です♪
こちらをクリックしていただくと登録後⇒
レポートが届きます。また、すぐ中止する
可能性がありますのでお早めにお持ち帰り下さい。
  ↓

Amazonから出版しました。

ワンコたちの健康維持のための、とても大事な 情報がぎっしり詰まってますので、ぜひご覧になり、 愛犬ちゃんの健康に役立てて下さいね^^ こちらをクリックです。 ↓ ↓ ↓ めぐママの簡単健康手作り犬ごはん: 獣医も驚愕した効果!

おすすめ記事

frenchbulldog  メグ:5歳1ヶ月、愛:2歳6ヶ月 ◆介護のポイント<犬の介護③>

介護の最重要ポイントは、・QOL・介護をしやすくするための工夫 この点につきると思ってい…

french bulldog めぐ:7歳11ヶ月、愛:5歳4ヶ月 ◆3種の神器『車イス編』:犬の介護②

愛が深ければ深いほど、愛する子を失った時の 心の痛みは大きい…最初から分かっていたこと ですけど、本…

french bulldog メグもうすぐ5歳 ◆メグのステキな最期・・・<フレンチブルの介護①>

↑もうすぐ5歳の時のメグです。若かったね!最近、ブリーフワークやヨガに取り組んでいるおか…

◆シャバーサナ…ペットロスの処方箋

ビリーフワークと共に、ヨガを始めて1ヶ月ほどになります。ヨガには強烈なストレス解消効果があると言われ…

紫のチューリップ ビリーフワーク…健全思考と不健全思考・・・ペットロスの対処法

ペットロス、真っ只中・・・な〜んにもする気なし!状態が続いている私ですが、でも少しづつでも自分が楽に…

french bulldog メグ:7歳、愛:3歳5ヶ月 心のデトックス 執着からの解放<ペットロス対策>

断捨離決行!・・・といっても、食器棚だけですが…。余りにも心が痛いし、何もやる気が起きないので、その…

我が家はサブでお願いしています。

ブログ村pvランキング

PAGE TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. 374 posts.